息子が買った本。

  • 2012.12.23 Sunday
  • 14:06
 

うちの息子、良くいうと繊細。 そう、いわゆる神経質。
私にそっくりです。
そんな息子が最近こんな本を買ってきて、
「読んでみたらぁ」…とすすめる。
いっきには読めないけど、ちょっと時間が空くと読み進めている。
しかしぃ、読めば読むほど怖くなる。
コンビニで食品は買わないけれど、同じ食品はあちこちのスーパーや
小売店に出回っているしね〜。
今さらイイやん…で済ませるか、気をつけて食品選択をするか。
出回っている限りは、目にする機会もあるはず。
選ぶか選ばないかは自分次第なんですよね。
ただ、無知であってはいけないなぁ〜と思わせてくれる内容ではあります。
一度、読んでみて下さい。 ゾッとしますから。


眠れぬ夜に…

  • 2012.07.16 Monday
  • 18:09
 

眠れぬ夜に、幾度となくお世話になっている本。
コレを読んだからって眠れるわけではありません。
眠れないイライラを忘れさせてくれる本なのです。

この本、33年前に出版されたものでして、
ある出版社が『推理・SFフェア』を催し、
その一環として、一般からショートショートを募集。
優秀作品は決まったものの、選外佳作の中にも
捨て難い作品が多々あったということで、
入選作、佳作をまとめて本にしてしまったといういきさつのモノ。
つまり、
すべて、素人さんの作品。
確かに、洗練されていない文章もいっぱいあったりする。
その年の流行語をやたら登場させたりして、
年月が流れてから読むと
読んでいる側が恥ずかしくなったり
ところが、
10年、20年、30年と年を重ねると
その流行語が、多少の形は変わっているけれど、
今のデジタルな世界で普通に使われていたりする。
時代って、巡り巡るんだなぁ〜。

この本に収められている作品を書いた素人さん達、
もしかしたら、
とっても有名な作家さんになっていたりするのかしら
文字と文字の間に
ドキドキ感、ワクワク感が溢れ出ている作品集。
また、眠れぬ夜が続く今日この頃。
読みはじめています





読めと言われた・息子編。

  • 2012.04.14 Saturday
  • 22:28
 
あまり気にも留めなかったけど
うちの子ども達は、本が好きなようだわっ。
そういえば、私も子ども達の年の頃には
書店へ行っては、手当たり次第買って読みまくりました。

今回、息子がやたら薦める本がコレ↓


ホントに、ず〜っとず〜っと前から、読みたいと言っていた作品。
ポール・エクマン 著書  『顔は口ほどに嘘をつく』。
著者は、顔の表情研究の権威で、FBIやCIAで嘘を見破る表情分析ソフトを
開発した心理学者。

タイトルだけを見ると、他人に対して疑心暗鬼になってしまいそうだけれども
決して、人を疑ったり嘘を見抜くのを薦めるものではなく、
人の感情や表情の奥底、裏側を察することにより、自分自身の心もコントロールし、
言行を受け止める度量が大きくなるのでは…と、感じた。

ところで、
このポール・エクマンをモデルに描いたドラマが人気なのはご存知ですか?
ティム・ロス主演
『Lie to me ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間』。
結構、ハマるドラマですよ〜。
ティム・ロスの役は博士なんだけれど、その演技が少々チンピラっぽくって
最初は鼻につくのですが、見ているうちに慣れちゃった
忙しく、なかなか落ち着いて本が読めない方は、ぜひドラマから入ってみてください。

単純明快。

  • 2011.07.17 Sunday
  • 21:20

  むか〜し、昔。
  ふと立ち寄った書店で見つけた一冊の本。
  『アメリカインディアンの教え』
  あまりにシンプルな表紙に何だか興味をそそられ
  つい購入。
  内容は、
  子育て真っ最中だったその頃の私にぴったり。
  親として、人として一番大事なこと、大切なもの。
  それは、当たり前すぎてつい見過ごしてしまう
  とても簡単なことでした。
  世の慣わしにまみれて生きていると
  その簡単な発想が欠如していくんだなぁ〜
  …と、ハッとさせられたことを思い出します。
  先人たちの教えは、実に単純明快。
  そして、正しいと感じる。
  まんま、その通りには出来ないけれど、
  頭のどこかに、心の片隅に置いておこう。
  おすすめです。
 

読めと言った

  • 2011.05.21 Saturday
  • 21:55
 
 職業柄、心が折れそうになる事も多々あるだろう娘に
 進めた本。
 役に立ったのかしらん。
 この本、
 進めておきながら、実のところ、ワタシは読んでない
 心が捻じ曲がってるからかっ

 ワタシという人は、
 自分が読みたい本より、人に読ませたい本を選ぶのが
 好きだったりするのよね〜
 こういうのを、ありがた迷惑っていうんだろうなぁ
 でも、やめらんな〜い

 
 ちなみに、
 息子は、泣けてくる話が好きなんだそうで、
 一時期、泣けるだろう本を探し回ったものです。
 ある時なんか、立ち読みしていたらどんどん入り込んでしまい、
 とうとう大号泣 周りの人たちをフリーズさせた事を、今、思い出してしまったわ。
 穴があったら入りたい 入るサイズの穴がないってか


 さてさて、明日の日曜日も、どんパでは 《二人展》、開催しております。 
 お天気が、少し心配ですが、お時間がございましたら、ぜひお越しくださいませ。



 
 
 

読めと言われた。

  • 2011.04.24 Sunday
  • 11:31

 読書好きの娘に、読めと言われた『図書館戦争』。
 でも、まだ手つかず。
 本を読むのは好きだけど、まだ、読めずにいる。
 娘は、この本を読んで、何やら、ぐぐっときたらしい。
 それを先に言われると、ぐぐっときにくくなるような、
 そんな気がして読めずにいる。
 有川さんの本だから、
 面白くないワケはナイだろうけれど…ネ。
 実は、このお話、アニメ化されてます。
 アニメが苦手だというのに、そっちを先に観てしまった
 アニメで既に混乱してしまってます。
 こんな状態で読めるのかなぁ。
 娘いわく、原作はスゴイ…らしい。
 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

★★

アトリエ・どんパによるオリジナルのデザインならびにイラスト等の無断転載・転用は固くお断りいたします。キャラクターデザインの版権はアトリエ・どんパに帰属します。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM