三銃士。

  • 2016.09.11 Sunday
  • 15:36

 

またまた無駄に早起き症状の今日この頃…。

まだ世の中は真っ暗なのにぃ目が覚めたら、もう眠れない(T_T)

これ、結構ツライです。

…で、毎度おなじみの早朝の映画鑑賞をしてしまう私。

あわよくばウトウトしてそのまま居眠り出来ればなぁ〜という望みと共に観るのですが

観だしたら、ウトウトどころではありません。

もう映画の世界に入り込んで抜けられない…

そんなこんなで、毎日が睡眠不足でございます〜 (ノД`)・゜・。

 

ここ数日の間、観ているのが 『三銃士』。

アレクサンドル・デュマ原作の歴史冒険活劇。

まずは一番新しいのを観てみた…

コレっ

ムフフ。 こりゃ、マンガですな。

はじめ、三銃士の個性が見えないキャスティングや

主要登場人物のおバカぶりに少々イラ〜っときまして、

また、物語が相当逸脱していることにも困惑するのだけれど

そう、マンガと思えば楽しめる。

ただ、この物語、実在の人物も登場しますし多くの史実も語られてます。

そうなると、もうちょいちゃんとした 『三銃士』 を観たくなりまして

次の日は、こちらの 『三銃士』 を。

わたし的には、コレが一番!

三銃士やその他のキャスティングも大成功。

枢機卿の悪党そうな顔! 抜群です。

ルイ13世やアンヌ王妃の描き方も若さの中にも芯が通った

聡明さも含んでいて、思わず応援したくなります。

観終わった後、清々しい気持ちに…。

そして、原作を読みたくなる衝動にかられますが、

いまだに読んでませ〜ん(*´з`)ノ

原作といえば…

映画の 『三銃士』の中 で一番原作に沿った表現をしているのが

こちらの作品、

 

実は、私が初めて観た『三銃士』でもあります。

小さい頃の記憶ですが、とにかく面白くって

夢中で観ていたような気がします。

思い返してみると、キャスティングの超〜豪華な事!

悪党枢機卿にチャールトン・ヘストンって!

残念ながらこちらの作品1973年制作でして、

出演者の多くがあの世へ…。

ご存命でも若き銃士ダルタニアン役のマイケル・ヨークさえも70歳代半ば。

これこそ歴史だわ〜。

一番お気に入りの三銃士が1993年制作。 最新のが2013年制作。

20年ごとに新しい三銃士を観れてるなんて幸せ〜。

次の新作も20年後ぐらいでしょうか?

果たして私は生きてるんだろうか…( ̄▽ ̄)

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.04.03 Friday
  • 15:36
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    ★★

    アトリエ・どんパによるオリジナルのデザインならびにイラスト等の無断転載・転用は固くお断りいたします。キャラクターデザインの版権はアトリエ・どんパに帰属します。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM